老化と目

若返り

若返り

老化の基礎知識

目の老化

老化は、身体のあらゆる機能を低下させ、視力も例外ではありません。

加齢による症状は、肌の細胞の老化が原因のシワやクスミ、たるみ、毛根の老化による白髪などの見た目の変化の他に、体内でも内臓機能の低下や、脳細肪の老化によって、認知機能や記憶能力が障害を起こす、中身の変化もあります。

老化すると、近くの物が見づらくなる老眼と言われる症状があらわれます。これは、目のレンズである水晶体を調節している筋肉が弱まり、水晶体自体もが硬くなるので、近くに焦点が合わなくなってしまいます。

老化で水晶体が硬くなるのは、水晶体の主成分であるタンパク質が、長年に渡って光を通していたことによって、化学変化を起こしているためと言われています。水晶体が濁ってしまうのも、太陽光で劣化していき白く濁ってしまうからで、白内障と言う加齢に伴う病気の一つです。

白内障になると、目が白く濁ってもろくなってしまいます。白内障になると、左右で見え方に違いが出てきます。白内障は放っておくと、失明する危険もありますが、近年は医療の進歩で、適切な治療を行えば、回復すると言われています。

このような、目のレンズを変性させる原因は紫外線であるので、日差しの強い日は、腕や顔を日焼け止めを塗ることで、紫外線の刺激を抑えるように、サングラスなどで目に対する紫外線の刺激も緩和する必要があります。

加齢による目の影響は、老眼や白内障以外に、純粋な視力の低下や、色覚の認識力の低下、眼球運動が衰えると言った症状が現れます。目の老化の症状は、視力に影響するだけでなく、視覚として神経にも影響を与えることがあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 若返りの秘訣 All Rights Reserved