老化と耳

若返り

若返り

老化の基礎知識

老化と耳

老化の症状の一つに、耳が遠くなる症状があります。一般的に、老化による聴力の低下は、高音が聞きとりにくくなります。

このような症状は難聴といい、単に、音が聞こえにくくなっているのと、会話が聞き取れないという症状があります。会話が聞こにくいと言う、難聴の症状は、脳の中枢神経が老化していることが原因です。

中枢神経が老化で麻痺し、音が聞こえていても、言葉として理解できないと言う認知症の一種です。このような症状がある場合、耳の老化だけが問題ではなく、脳機能の老化も問題になります。

難聴になったら、早めに医師の診察を受けて、脳の機能の異常も診断してもらい、補聴器を作るようにしましょう。難聴の症状がひどくなる前に、補聴器を使用することで、操作にも慣れやすいし、衰え始めている聴覚を刺激して、難聴の症状の進行を抑えて、認知障害の進行を防ぐ確立が高いと言われています。

最近の補聴器は、音を大きくして聞こえやすくするという機能以外に、聴覚の神経伝達の障害で聞き取りにくくなっている話し言葉も、本人に合わせて聞こえやすくする機能もあります。

高齢者には、自分の耳が遠くなっていることを認めず、補聴器をしたがらない場合も在りますが、会話が減ってコミュニケーションが取り難くなり、さらに老化を進行させる事になります。他人とのコミュニケーションは、老化防止を行い若返り効果もあるので、無理せずに補聴器などは早くから使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 若返りの秘訣 All Rights Reserved