老化と光老化

若返り

若返り

老化の基礎知識

老化と光老化

一般的に、紫外線は悪いモノというイメージがありますが、紫外線は骨を作る働きのあるビタミンDを生成したり、殺菌作用など身体にいい働きもあります。

ただ、長時間渡って紫外線を浴びると、皮膚組織を破壊してしまい、皮膚の老化は紫外線の影響が大きい事が分かっています。

人間の身体は、紫外線を浴びる機会の少ない部分は、肌滑らかで綺麗なのに比べ、紫外線に晒されている肌は、シワやタルミがおきやすくなっています。紫外線を浴びると、肌が似に焼けて赤くなったり黒くなったりしますが、老化にともない、今までの紫外線の被害が徐々に蓄積されて、現れる肌の老化現象を光老化といいます。

光老化は、紫外線に晒された時間や、紫外線の強さに比例しており、顔など直接紫外線を浴びる部分の老化原因は、光老化が8割以上であると言われています。

自然に老化した肌は、表皮の厚さは変化せず、肌のキメにも変化はありませんが、弾力が低下してハリが失われています。一方、光老化した肌は、表皮の厚さが不均一 でキメも荒く、深いしわやシミ等の症状が現れます。シミの原因は、ほとんど紫外線です。

紫外線によって、肌が黒くなる原因のメラニン色素が異常に増殖してしまい、シミとなって肌に沈着してしまいます。シワも、紫外線によって真皮のコラーゲンが破壊され、肌のハリが失われることで生じます。この為、日焼け止めなどで、紫外線の被害を減少させる必要があるのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 若返りの秘訣 All Rights Reserved