老化がおこるメカニズム

若返り

若返り

老化の基礎知識

老化がおこるメカニズム

老化は、加齡に伴い生理機能が低下することです。老化の原因は過去から現在まで様々な学者によって研究されています。

このような説の中では、フリーラジカル説が一般的です。これは、生体内のフリーラジカルが、生体に酸化的損傷を起こして、老化すると言う説です。これには、テロメア説、免疫機能低下説、遺伝子エラー説、ホルモンの低下説が代表的です。

テロメア説とは、人間の細胞に寿命が決まっており、細胞の寿命こそが老化の原因という説です。テロメアとは、染色体の端にある特殊なDNAです。テロメアは、細胞が分裂する毎に、短くなって一定の長さになると分裂できなくなります。

免疫機能低下説とは、人間に本来備わっている生体防御機能が、加齢とともに低下し、外部の刺激に侵されやすくなって、老化すると言う説です。

遺伝子エラー説は、傷ついた遺伝子が癌化したりすることが、老化の原因という説です。遺伝子は生体のすべての情報が書かれており、損傷を受ける事で、老化を引き起こすと考えられている説です。

最後に、ホルモン低下説は、成長はホルモンの分泌で行われることから、ホルモン分泌が低下する事で、老化が起こるという説です。

ホルモンと老化には、少なからず関連がある事はわかっており、成長ホルモンや性ホルモン失われた分を、外部から補う事で若返り効果があります。しかし、厳密に関連性はわかっておらず、老化の原因の一つとして考えられています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 若返りの秘訣 All Rights Reserved