勉強で若返り

若返り

若返り

脳の若返り

勉強で若返り

認知症には、脳血管型認知症という日本人に多くみられる認知症と、海外で多くみられるアルツハイマー型認知症があります。

脳血管型認知症は、動脈硬化や脳卒中で血管が詰まったり、出血して脳細胞が破壊され、脳の神経繊維が損傷する事が原因と言われています。

アルツハイマー型認知症は、脳の神経細胞数が何らかの原因で減少する事が原因とされています。一般的な物忘れと、このような認知症などの病的な物忘れは、異なるものです。

加齢によって物事を思い出しにくくなったり、記憶力が低下する傾向があります。このような物忘れは、本人に自覚がありますが、病的な物忘れは自覚がありません。物忘れが激しくなったり、集中力が継続しない事を、年のせいにして隠していると、脳の機能は益々低下し、認知症になる可能性があります。

このような認知症を予防するのに、簡単な計算問題を日常的に解いたり、パズルを解いたりする事は、脳機能を活性化して若返らせる効果があります。また、本を音読する事は、脳機能の若返り非常に効果的とされています。

音読は、視覚、聴覚を使い、脳が認識して声に出すと言う動作を行うので、脳機能が効率的に働きます。若返りの効果を求めなくても、試験勉強などは音読した方が記憶に定着しやすいと言われています。

成人の脳神経細胞は年齢と共に減少しますが、残った神経細胞を使って活性化させると、互いに繋がって脳機能が若返り、向上もすると言われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 若返りの秘訣 All Rights Reserved