抗酸化物質で若返り

若返り

若返り

若返り成分

抗酸化物質で若返り

老化の最大の原因は、酸化です。若いうちは豊富にある抗酸化物質は、加齢とともに減少して、身体の細胞が酸化してきます。

この為、若返りには、身体の外から抗酸化物質を補う必要があります。老化を防止するには、生活習慣を改善し、活性酸素の発生を抑えて、抗酸化物質で体内に生じた活性酸素をなるべく早く取り除く事が重要です。

抗酸化物質で知られているのはビタミンで、食物から簡単に摂れる抗酸化物質とされています。特に、ビタミンE、ビタミンC、βカロチンは抗酸化作用が非常に高いです。

ビタミンCは、体内に発生した活性酸素を真っ先に除去する働きがありますが、水溶性なので余分な分はすぐに体外に排出されてしまいます。

ビタミンEとβカロチンは、細胞膜内に存在して、ビタミンCのあとから作用します。ただ、脂溶性なので、加熱にも強く破壊させれにくいです。ビタミンCとビタミンEは、相互作用しての抗酸化力を高め、老化を防いで、細胞や皮膚の若返りに努めています。

そのほかにも、ワインのポリフェノールや緑茶のカテキン、ゴマのセサミンは抗酸化物質として、高い若返り効果があります。食事でなるべくこれらの抗酸化物質を摂取するようにし、サプリメントを活用して若返り効果を得るのも一つの手段です。

体内では、複数の抗酸化物質が存在をした状態の方が、相乗効果で抗酸化作用が増すので、効率的に若返り効果を発揮します。抗酸化物質が若返りにういいとしても、サプリメントの乱用は、体内の栄養バランスを著しく乱すので、適量を摂取するようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 若返りの秘訣 All Rights Reserved